私自身の性の趣向について

 私は同性愛者です。はっきりと自覚したのは最近ですが、学生のころからじわじわと自分の感情に気付いていました。義務教育の時代は、彼氏よりも友達を大事にする傾向が強く、いつも友達とおりました。しかし学年が上がるにつれ、異性への関心が高まり、友達間での色恋沙汰の会話も増えてくるようになります。私はそこであまり興味をもてず、いつも会話から取り残されている感じがあったことを覚えています。高校生になると、恋や恋人の話をすることは当然となり、それでからかうなどといった幼稚なことをする人もいなくなり、落ち着きが見られてきました。世間一般の、恋愛沙汰に対する扱いと同等の態度やわきまえが身に付き、大人になったともいえます。だから、私は気付かなかったのですが、その時点で「異性愛が普通」という暗黙の了解が出来ていたのです。私は幼稚でした。しかし、この事実に気付いた頃から、同性愛者特有の悩みに悩まされることになります。今まで私が友人と思って接していた人は、実は恋だったのではないか?だとしたら、私はなんて不潔な人間なんだろうと、一時期友人と距離を置いたこともありました。と同時に、友愛と性愛の区別もつかず、自分の立ち位置はどこなんだろうと、ふらふらと迷走していました。今では恋人もおり、幸せなのですが、いざ自分が同性愛者といういわゆる「セクシュアルマイノリティー」の側にいると、今まで問題にならなかったことに気付くようになってきて、息苦しい生活を送るようになってしまいました。何が息苦しいかというと、まず世間の風当たりです。周りの友人は当然(といっていいのか)ノーマルな方ばかりで、やれ彼氏だの結婚だの、恋愛話に花を咲かせています。私は表向きはその話に付き合いますが、常に本音を飲み込んでいます。それならば、さっさと「自分は同性愛者だからその話にはついていけません」と正直に話してしまえばいいじゃないか、とおっしゃる方もおられると思います。しかし、そうもいきません。これから、同性愛について私が考える事柄を述べていきたいと思います。

大阪 自己破産

時計を買取希望しております。

鍼灸学科・柔道整復学科で学ぶ医療

港区高輪の売買物件検索はこちら!

インプラント、ホワイトニングなら春日井の村瀬歯科にお任せ